資格取得 よくあるご質問

  •  講座の特徴
  • 講座一覧
  • 事前説明会
  • 受講手続き
  • よくあるご質問

よくあるご質問

卒業生など在学している芸大の学生以外でも受講できますか。
大阪芸術大学グループの学生、科目等履修生、研究生、研究員、卒業生であれば受講できます。なお、在学されている学部生、大学院生、通信教育の正規生の方は、アカデミックプライスにて受講することができます。
講座を見学することはできますか。
受講生が授業に集中できるよう、見学についてはお断りしています。開講前に各講座の相談会および説明会を実施しますので、そちらを活用してください。
通常授業と何が違うのですか。通常授業の単位として認められますか。
資格を取ることを目的とした実践的な授業内容になっています。単位の認定は行いません。
開講後、途中からの申し込みはできますか。申し込み後にキャンセルはできますか。
原則として途中からのお申し込みはできません。ただし、一部の講座に限り、申込締切日以降開講直前まで申し込みが可能な場合もありますので、お問い合わせください。
なお、申し込み手続き完了後の講座・コースの変更およびキャンセルはできませんので講座日程等を十分ご確認のうえお申し込みください。
講師はどんな方が担当するのですか。
資格専門の教育機関から派遣された、経験豊かなプロが担当します。また、教材も合格のためのノウハウが盛り込まれた定評あるテキストを使用します。
教材はいつ配布されるのですか。
各講座の初日に教室で配布します。事務室で開講前に使用テキストを閲覧できるコースもあります。
エクステンションセンターで、テキスト以外の問題集などを借りることはできますか。
当センターに置いてある図書は閲覧及び貸出を行っています。但し、教科書の貸出は受講生に限ります。
病気などで授業を休んだ場合、どうしたらいいですか。
公欠(教育実習など)以外の欠席の連絡は不要です。また、授業を休んだ際の資料(配布物)は当センターでお渡しします。
警報が発令された場合、授業はどうなりますか。
大阪府下に暴風警報が発令された場合は、大阪芸術大学の休講措置に準じます。授業が休講になった場合、以降の講座スケジュールを繰り下げて授業を行います。
講座は受講していませんが、試験だけエクステンションセンターで申し込むことは出来ますか。
本学内で試験を行うものに関しては、当センターにて試験のみの申し込みが可能です。価格がアカデミックプライスになっているものもあり、個人申し込みで受験するよりお得な場合が多いです。詳細は当センター学内試験一覧をご参照下さい。
TOEIC、TOEFL、英検の違いを教えてください。
英検は日本国内のみに通用する検定で、試験の設問は各級のレベルに応じて出題されます。TOEIC・TOEFLは世界共通の認定試験で、全受験者が同じ問題を解き、スコアで評価されます。TOEICの設問内容は、日常的に英語圏で使われる表現・語彙が中心で、ビジネス用の国際的な英語のスキルが養える為、就職活動でも非常に役立つ資格です。TOEFLは、大学における学術研究に伴う専門用語が中心で、海外の大学に留学する際にはスコアの提出が必要になります。
ページトップ